スキンケア

【乳液洗顔のススメ】慢性化した大人ニキビに洗顔のやり過ぎはNG

こんにちは!

メンズ研のSHUNSHUNです!

 

今回は『【乳液洗顔のススメ】慢性化した大人ニキビに洗顔のやり過ぎはNG』ということで大人ニキビ対策の1つである『乳液洗顔』について書いていきたいと思います。

『乳液洗顔って何?』と思った方も多いと思いますが、洗顔のやりすぎで慢性化しているニキビ肌の方には特におすすめな方法なので、ぜひこの記事を読んで試してみることをお勧めします。(聞きなれないワードかもしれませんが、乳液洗顔は様々なメリットがあるので試してみてください。)

では早速解説していきたいと思います。

 

大人ニキビに有効な『乳液洗顔』とは?
洗顔をやり過ぎた肌や毛穴ケアをしたい方におすすめな洗顔方法!

大人ニキビに有効な『乳液洗顔』とは? 洗顔をやり過ぎた肌や毛穴ケアをしたい方におすすめな洗顔方法!大人ニキビに有効な『乳液洗顔』とは?
洗顔をやり過ぎた肌や毛穴ケアをしたい方におすすめな洗顔方法!

 

それでは『乳液洗顔』について書いていきたいと思います。
『乳液洗顔』とはその名の通り『乳液で洗顔を行うこと』です。

『それだと汚れが本当に落ちるの?』と思われた方も多いと思いますが、肌が弱っている方や洗顔料がそもそも肌に合わない方、毛穴が詰まりやすい方には特におすすめな洗顔方法です。

 

ニキビなどの原因である毛穴の詰まりは毛穴に皮脂などの油汚れや洗顔料、化粧品などの汚れが溜まって詰まってしまうことが多いです。
その汚れを落とすのに洗顔を行いますが、洗顔料によっては過剰に皮脂を落とし過ぎたり、肌自体を傷つけてしまう成分が含まれていたりします。

過剰に洗顔をやり続けた結果、肌上の角質が薄くなりビニール肌と呼ばれる状態になったり、肌にもともといる微生物などが少なくなり肌が荒れやすくなったりしてしまいます。

 

上記のような方は洗顔料の使用をやめて『乳液』で洗顔してみるのがおすすめです。

乳液で洗顔を行うと、乳液自体の油分と肌上の毛穴に詰まっている皮脂汚れが油と油で溶け合う性質により綺麗に落ちます。
毛穴の汚れで黒い点々ができてしまっている鼻(ブラックヘッド)なども乳液洗顔を何度か行うと鼻パックを行うより綺麗になるのでおすすめです。

また、前述していますが、ニキビは毛穴の詰まりによる発生がほとんどです。
乳液洗顔で毛穴の詰まりを防止することで、洗顔料で無理やり肌の汚れを剥がすよりもより効果的にニキビ予防ができます。

ぜひ、ニキビ肌でついつい洗顔をやり過ぎてしまう方は『乳液洗顔』を試してみてください!

 

 

『乳液洗顔』のポイントは?
基本的に乳液は普段使っているものでOK!

『乳液洗顔』のポイントは? 基本的に乳液は普段使っているものでOK!『乳液洗顔』のポイントは?
基本的に乳液は普段使っているものでOK!

 

それでは『乳液洗顔のポイント』を書いていきたいと思います。
実際特にコツなども存在しないので、マストでやったらいいポイントだけを書いていこうと思います。

 

乳液洗顔のポイントは以下の通りです。

①乳液は普段使っているものでOK。

②乳液洗顔の際は乳液をたっぷり使う。

③こすり過ぎず優しく撫でるように洗顔する。

 

まず①ですが、乳液は基本的に普段使っているものでOKです。

ただし、その乳液が肌に合っていなかったりしてニキビなどが発生している場合は乳液も見直しが必要です。また、『使っている乳液が高額』の場合は乳液洗顔に使うと勿体無いので大容量で安価なものを乳液洗顔用に購入するのがいいかもしれません。

 

次に②ですが、乳液洗顔の際、乳液はたっぷり使うようにしましょう。

乳液をケチってしまうと、その分肌と手の間に摩擦が生まれやすくなってしまいます。
さらに毛穴汚れと溶け合う油分も乳液を少なく使用することで相対的に少なくなり、毛穴汚れの落ち度も減少してしまいます。

乳液洗顔の際は必ず乳液はたっぷりと使いましょう。目安としては顔が完全に白くなってしまうくらいの使用で大丈夫です。

 

最後に③ですが、乳液洗顔の際は普通の洗顔と同様に肌をこすり過ぎないようにしましょう。

乳液洗顔は普通の洗顔と違い泡立つことがないので、その分肌との接触が容易に行われてしまいます。ここで肌を強くこすってしまうと肌を逆に傷つけてしまいますので、肌を優しく撫でるように洗顔を行うように心がけてください。

②の項目の通りにたっぷりと乳液を使えば相対的に摩擦も減っていくので肌との接触という部分も意識しながら洗顔を行いましょう。

 

乳液を普段使ってない人向けに(もしくは乳液が肌に合ってない人向け)
おすすめの乳液4選まとめ!

 

それでは、乳液洗顔におすすめな『乳液』をご紹介していきたいと思います。

前述したように、乳液洗顔を行う際は普段使っている乳液を使っていただいて構いませんが、『その乳液が根本的に肌に合っていない場合』『乳液をそもそも普段型使ってない人』向けにおすすめを書いていきたいと思います。

ぜひ、乳液に馴染みがない方や肌に合ったものを探している方は参考にしてみてください!

 

キュレル 乳液 120ml キュレル ローション220m

 

キュレル乳液の最大の特徴としては『セラミドケア』と呼ばれる物で肌の角質細胞である『セラミド』の働きを守り潤いを与えるケアを行ってくれる所です。

『慢性的な肌荒れ』を起こしてしまう肌は前述している通り『過度の洗顔やスキンケア』のせいで肌の正常さを保つ『セラミド』が不足し肌の免疫力が弱くなっている場合が多いです。

その『セラミド』をしっかりと保管してくれるキュレル乳液は肌の角質層に働きかけ、強い肌を作っていくことができる乳液になっています。

セラミド効果もあるので、乳液洗顔後のケアにも使っていただける汎用性の高さが非常にオススメです。敏感肌の方用に作られているので、肌荒れもしにくいことから乳液洗顔にも有効だと言えます。

 

 

『キュレル乳液』のテクスチャーは乳液なのにさらっと肌に馴染みやすく使いやすいと評判です。馴染みやすさゆえに多少乾燥が気になる方もいらっしゃいますが、乳液のベタベタ感が苦手という方には非常におすすめな製品になっています。

もし、もう少し保湿感が欲しいという方は全身に使える『ローションタイプ』がおすすめです。こちらは少しベタつきますが、保湿感がアップしていますので極度の乾燥肌の方にもおすすめです!
さらに量も多いので乳液洗顔のように大量消費する用途で使う際はローションタイプがオススメです。量を気にせず使いたい方はぜひローションタイプを購入してみましょう。

 

あわせて読みたい
キュレル 乳液 120ml
【口コミ・レビュー】『キュレル乳液』は慢性的なニキビ肌におすすめ!慢性的な大人ニキビに悩んでいる方は肌免疫を高めるセラミド効果や保湿効果が優秀な『キュレル乳液』のご使用をおすすめします! 詳しく使用感レビューと肌に対する効果などをご紹介していきたいと思いますので、購入時の参考にしてみてください!...

 

 

ミノン アミノモイストモイストチャージミルク

 

『ミノン』の乳液は塗った瞬間からサラサラになると評判が良く、今回の紹介乳液の中でもベタつき感が少なく、乳液のテカリやベタつきがとにかく嫌いという方にオススメしたいスキンケアアイテムです。

乳液本来の蓋をするという役割もしっかりこなしつつ、少量で伸びやすいテクスチャー、容器もプッシュ式で適量を取ることができます。

1本を使い切る減りが遅いという評価もあり、コストパフォーマンスがとてもいいという評価も得ています。

ただ、1本2,000円前後する商品なので他の乳液より初回の値が少し張ります。しかし敏感肌の方も使ってみても、肌に合わない場合はあまりないようなので乳液があまり得意でない人は1度挑戦してみてもいいかもしれません。

乳液洗顔にも使っていらっしゃる方は多々いらっしゃるようです。
ただし、値段が若干張るので他の乳液と併用して使用するのがいいかもしれません。

 

 

 

アノンコーワFF乳液

 

アノンコーワFF乳液』は今回紹介する中でダントツで評価が高い商品になっています。(乳液の使用感から使用後の評価も他の乳液より高く評価されています。)

とにかくベタつかず肌になじませた瞬間から乳液感が消えるが、しっかりと肌に潤いを閉じ込めたようになると評価されています。

テクスチャーも伸びやすいようで一度に大量に使用することもなく、コストパフォーマンス良く使用していくことができます。
また、アノンコーワFF乳液の使用で肌質が改善されたという方が多く乳液の使用をすることで行う保湿の重要性も高いことが伺えます。

 

ベタつきやテカリが抑えられてさっぱりとしていますが、しっかりと保湿もできるので『乾燥肌の方』『敏感肌の方』『オイリー肌の方』『混合肌の方』のすべてに使っていただける製品です。

さらに、値段のコスパも非常に高く1,000円代で購入することができ、かつ120mlと大容量なのも嬉しい部分です。

 

ただし能力的には他の乳液と比べても一番優秀なのですが、実店舗での取り扱いが少なく、ネットでの購入が基本になってしまうのが唯一のデメリットであるといます。(アマゾンや楽天で購入可)

乳液洗顔以外にも保湿用とし購入するのもアリだと思います。
値段も効果も使用感もおそらくさっぱりタイプを探している方にとっては乳液の定義が変わってしまうような商品なので、一度購入してみることをオススメします。

 

 

 

無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ 

 

最後にご紹介するのが、無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ です。

乳液洗顔は基本的に1回でたっぷりと乳液を使うことが推奨されているので大容量でかつ安価な乳液を乳液洗顔用で購入する方も多くいらっしゃいます。

一番最初にご紹介した『キュレル ローションタイプ』もなかなかコスパがいいですが、無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ も個人的にはオススメです。

無駄なものが入っていないので、乳液洗顔を行なったから何かトラブルが起きる肌への影響も最小限に抑えることができます。

一番注目すべきはお値段ですが、信頼できる成分や高保湿性を備えながらも大容量で安く購入できるところです。乳液洗顔で乳液をケチらなくて済むのはだいぶ大きなメリットなのでぜひ入門者の方は無印良品 乳液 敏感肌用 高保湿タイプ を試してみたらいいかと思います。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか!

今回は『【乳液洗顔のススメ】慢性化した大人ニキビに洗顔のやり過ぎはNG』ということで『乳液洗顔』について記事を書いていきました!

ぜひ、大人ニキビで悩んでいる方は乳液洗顔もニキビ改善方法として試してみることをお勧めします!

 

乳液に関する他の記事も書いています。ぜひ参考にどうぞ!

あわせて読みたい
男性にこそ『乳液』が必要なわけ。 乳液しないと化粧水の意味がほぼなくなるって知ってた?
男に乳液はいらないのか?否→メンズの肌は女性より乳液が必須だった!『乳液』といえば男性はあまりなじみのないスキンケアアイテムだと思います。乳液は非常にスキンケアの中で重要な役割を担っており怠ったスキンケアで荒れてしまった肌を持っている男性にこそ必要なアイテムともいえます。 今回はスキンケアの中での乳液の役割とメンズにおすすめの理由をご紹介していきたいと思います。...
あわせて読みたい
メンズスキンケアに乳液は必須? 化粧水で保湿した肌に蓋をする重要な役割があった!
【乳液嫌いは読め!】メンズの乳液テカリを撲滅!さっぱりタイプ4選今回は『【乳液嫌いは読め!】メンズの乳液テカリを撲滅!さっぱりタイプ5選』と言うことで乳液は肌がベタベタしてしまうからつけない!と言う方や乳液でテカってしまうからつけたくないと言う方におすすめな『さっぱりタイプの乳液』をご紹介していきたいと思います。...
あわせて読みたい
肌断食の『失敗原因』とは? 『好転作用』と『単純な肌コンディション悪化』を見間違えるな!
肌断食の『失敗原因』と『絶対に失敗しない方法』とは?決め手は洗顔!肌断食は『スキンケアをやめて、肌本来の機能を取り戻す行為』ですが、『何もしない』をするだけなのになぜ失敗するのか?その大体は『洗顔』に原因があります。 『洗顔』に着目した肌断食の『失敗原因』と『失敗しない方法』について書いていきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください!...

 

では今回はこの辺でー!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください